読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たんたんと、たんたんと、

内弁慶の主婦が、坦々としたものごとを、淡々と写真とともにつづる。

春の匂いの記憶

【匂い】 は記憶に深く残る

 

 

ワタシの実家の庭に城をこしらえているアリの一族がいた

 

 

死んでいる蛾をコツコツとバラし

自分が仕えている一族の城へと運び込む

 

 

城の入り口はそれほど大きくないはずなのに

食糧は城の中へとするりと吸い込まれていく

 

 

 

4歳のワタシは

全く別の世界で生きるものたちを見下ろし

自分が絶対的な力を持っていることに気づく

 

 

 

神にでもなった気分で無邪気に残酷な運命を与え始める

 

 

 

 

アリの列に握り拳ほどの石を置くと

列は一気に乱れる

しかしアリたちは右往左往しながらも

次第に異物を受け入れ

機械の様に規則正しく動き始める

 

 

物足りなくなったワタシは

水を流し込む

 

 

 

アリたちは地に足をつけることができずに

水の上を必死にもがく

 

 

その必死さに命を感じ 罪悪感を抱きはじめた神は

 

 

庭に生えている雑草を引き抜き

葉をスプーンの様に動かし

丁寧に彼らをすくいあげ

城まで送り届けた

 うっすらと冷や汗をかいていた

 

 

 

 

翌日 彼らがこれまでと同じ様に

規則正く機械の様に動く姿をみて

4歳のワタシは安心した

神にはなれない

 

 

日に日に春が近づいて植物の生命力や

生き物たちがうごめき始める匂いが感じられると

無心で眺めていたあの美しい光景と

自分の中に潜む残酷さを思い出す

 

 

これがワタシの【春の匂い】 の記憶

 

f:id:nyokki2goochan:20150416135552j:plain