たんたんと、たんたんと、

内弁慶の主婦が、坦々としたものごとを、淡々と写真とともにつづる。

賭博写真


柔らかい西日に包まれて散歩
ちょうど視界に入りこむ高さの太陽は
真昼間より光量を強めたのかと錯覚に陥らせる



道端に生える草も枯れかけた花も
みんなキラキラ輝いて魅力的な表情だ



写真に収めたいのに
2歳児はそんな隙を与えてくれやしない




一回だけ、一回だけシャッター切る!と決め
2歳児の手を引いて近づく




ほら、ふわふわ〜の草だよとか、ゆらゆら〜してるね〜とか2歳児が興味引きそうなワード連発させながら
( 結果全く興味示さないが、シャッターを一回だけ切る隙を生み出す小技 )




念力込めてノーファインダーでシャッター押す



f:id:nyokki2goochan:20150602002448j:image



実物の方がもっともっといい表情だけど
でも、こーゆーのきらいじゃない、まーいっか




ほんとはもっとこーしたいとかあるけど、まーいっか




被写体に執着すると2歳児の機嫌は損なわれるからね(機嫌損ねると歩かなくなるからそれは母にとっては死活問題)




2歳児との散歩で写真を撮るのに必要なのは




運とタイミングと潔く諦める漢気、まさしく賭博



今日の勝敗はそこそこ悪くない。
まぁ勝ち気味な感じだろうか。


うへへへへ。じこまんぞくであーーーる。