読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たんたんと、たんたんと、

内弁慶の主婦が、坦々としたものごとを、淡々と写真とともにつづる。

たまごっ!


こんばんは、

 
 
 
ここ1週間ほどは写真と短い文章でしたが
 
 
 

久々に文字をたっぷりお届けfor you!いぇい!
 
 

 
突然こんなこと告白するのもアレなんですけど
 
 
 
 
わたし、料理がどちらかと言うと苦手なんです。
 
 
 

でも、まぁ普通に平日は毎日ちゃんと料理してますよ。たんたんと、無心で。笑
 
 
 
 
でも、このブログを始めて色んな方の記事を読んだり、美味しそうな美しい食べ物の写真を眺めていて、
 
 
 
 
フツフツと料理することを、食べることをもっと楽しみたいなーと思い始めた訳です。
 
 
 
 
という訳で、数日前から動き始めました。
 
 
 
 
 
まずは、基本中の基本であると思われるもの、そう、たまごやき、を自信持って人様に食べて頂けるのを目指すことにしました。
 
 
 
 
たまごやき特訓、いざ開始。
 
 
 
 
 
残念なことに、自分の黄金レシピとかお袋の味とかそんな素敵なモノは持ち合わせていないので。笑
 
 
 
 
ネット検索とめっちゃ基本から書いてある料理本片手に色々と情報収集して作っています。
 
 
 
 
 
たまごやきも奥深くて、色んな作り方があるんですね。味付けはもちろん、たまごのかき混ぜ方も色々あるし。
 
 
 
 
とりあえず味付けに関しては、基本的なパターンが大きく2つに別れている気がします。
 
 
 
 
  1. 砂糖メインで塩少々で甘いたまごやき
  2. 砂糖少々、みりん、しょうゆでしっかり味付けたまごやき
 
 
 
きっとご家庭によって全然違うんですよね、これは。
 
 
 
 
 
私の実家は南国特有の塩味万歳、甘み排除的な土地柄も関係しているのか、卵に塩をしっかり入れて、揚げ焼きか?!というくらいの油でぐちゃぐちゃにかき混ぜながら半熟にするものでした。
 
 
 
 
見た目なんてスクランブルエッグもどきで、味も油たっぷりのコッテリだし、場所によって味がなかったり、しょっぱかったり(汗)これは完全に母親の卵の攪拌怠慢ですね・・・
 
 
 
 
 
そんなお袋の味もいい思い出ですが、これからは美しくて美味しいマイたまごやきを確立していきたいです。
 
 
 
 
 
ちなみに、今までそんな気にしたこともなかったんですが、だし巻きたまごは、また少し難易度が高そうですね・・・
 
 
 
f:id:nyokki2goochan:20150617220851j:image
たまごやき特訓の産物、す巻なんて使ったことないので家にありません。お陰で形がいびつ!オシャレな人がたくさん潜むはてなブログの中で際立つ残念さ・・・

 


兎にも角にも、これから頑張りまーーーす。




個人的にはみりんメイン、塩少々だとどんな感じになるかやってみたい。完全に理科の実験のノリです。実験結果の精密さを追い求めたいので、0.1g単位で計れる電子スケールとタイマーが欲しいです。笑
 
 
 
 
 
たまごやき、とても単純な料理なんですけど
砂糖とみりんの味わいの違いも段々分かってきてとても興味深く感じています。
 
 
 
 
 
そして、いつも夕方聴いてるラジオから
【今朝、卵を食べた人からのメッセージお待ちしてまーーーす】と!
 
 
 
 
なんと旬な!!!
 
 
 
 
もう、速攻メッセージ送りました(^^)
 
 
 
 
 
そして、まぁなんと、メッセージ紹介とともにリクエスト曲もかけてくれましたよ。
 
 
 
 
 
かい十(2歳)と飛び跳ねながら聞きました*\(^o^)/*

 
 
 
たまご、いぇーーい!!!
 
 
 
 
たまごやき頑張ってよかったぁぁぁ!!!
 
 
 
 
たまごやき、明日もつくるぞぉ!!!!
 
 
 
 
というわけで、今日はたまごまみれな1日だったと言いたいがためのブログでしたm(_ _)m
 
 
 

 
たまごは戦友!
 
 
 
 
最後に、たまごメッセージのリクエスト曲とともに、おやすみなさい。。。
 
 
 

m.youtube.com

 

 










コッソリハジメマシタ