たんたんと、たんたんと、

内弁慶の主婦が、坦々としたものごとを、淡々と写真とともにつづる。

桜のように、高野豆腐



f:id:nyokki2goochan:20150717141754j:image


高野どうふ


わたしは普通に食べれるんだけど


どうも男うけは悪い


まぁ箸が進まないのもわからなくもない


なんかスポンジみたいだもの


でも今日の高野豆腐はいつものじゃないっ


ぬるま湯で戻した後に絞って


片栗粉をパタパタして


揚げて


絶妙なだしで煮込んだのよ



できあがりは、片栗粉の仕事でトロっとした餡かけのよう



ちょっと煮込みすぎた気もする



人参は製菓用の☆型で抜いてみたら



微妙に端が切れて



何となく目を細めれば花に見えてきたかも



型抜きの余った部分も



目を閉じて残像を思い浮かべれば葉っぱに見える気がする(レシピ本のは本当に葉っぱみたい)



最後に冷蔵庫にあった水菜を添えたら



わたしの脳内の皿の中に桜の木がうまれた
(レシピ本の写真は桜の木にしかみえない)




料理は焼いて煮て混ぜて…という作業の繰り返しではないのだね




ひとつの工程に意味を感じながら




イメージして、絵を描くように少しずつ描き足していくような感じだろうか?




料理をしていて、今までにない感覚を味わった




料理好きな方が、皿にこだわりたくなる気持ちもわかる気がする





色々思いながらつくった高野豆腐…それを盛りたいお皿、ないな…って思っちゃったから



ヤケクソでミスドの景品でゲットした黄色い皿に、鍋からドバーンと勢いよく盛ってしまった…餡かけが飛び散った…




良い塩梅の皿に高野豆腐を一つずつ盛っていくと綺麗に見える?





時間がある時、いろんな料理の写真をみてイメージを膨らませたい





色々反省して、来週またやってみよう。












 

f:id:nyokki2goochan:20150717143354j:image

味は良くてもレシピ本の様にはいかない。
でも、間違いなく脱スポンジは達成できたと思う。見た目にも嬉しい料理を作れるようになりたい(^^)