たんたんと、たんたんと、

内弁慶の主婦が、坦々としたものごとを、淡々と写真とともにつづる。

かいじゅう-の-じしん

じ‐しん【自信】

[名](スル)自分で自分の能力や価値などを信じること。自分の考え方や行動が正しいと信じて疑わないこと。

 

 

かい十(3歳 )はひどく慎重な性格だ

 

 

公園などに行っても他の人がやる事を穴が開くほど見つめたあと

 

もういい!と次の面白いものを探すのだ

 

 

幼稚園からのお便りには

いろいろなことに自信を持って欲しいです、 と。 

 

さらに担任の先生は、

 

かい十君はよく見ています、よく聴いています。たくさん貯めて、それが爆発する時期をまっているのです、と言っていたのだから

 

 

きっと幼稚園でも相変わらずなのだろう

 

 

しかし今までと少しだけ違うのは

 

 

時には自分もやってみようかな、というところまでいくところだ

 

 

こうゆうことが増えた気がするのは、運動会の後からだろう

 

 

運動会で体操、ダンス、かけっこと王道の種目を頑張ったかい十だが

 

 

閉会式で担任の先生が首にかけてくれた金メダル、その瞬間の誇らしそうなかい十の顔は忘れられない

 

 

その後しばらくは、ことあるごとに

 

ママは金メダルない?

かい十だけ金メダルだよっ!

 

と言うやりとりが続いた

 

それからいつの間にか

 

運動会の景品のかっぽんや1年以上放置していた二輪車、今までやったことのない遊具・・・ビビりながらもやってみるのだ

 

 

 

とりあえずやってみるのだ

 

 

 

今の彼は自信を持っているのだなぁと思う

 

 

かいじゅう-の-じしん【かい十の自信】

自分のやってみたいと思った気持ちに素直になり、たとえ失敗したとしても達成できる自分を信じ続けること

 

f:id:nyokki2goochan:20161103160114j:image