読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たんたんと、たんたんと、

内弁慶の主婦が、坦々としたものごとを、淡々と写真とともにつづる。

問いかけ

子供達の水遊び場になる広場

 

今は雨水がたんまりと溜まり

風に飛ばされた落ち葉

投げ入れられたであろう枝や石ころが集う

 

流れ出す場所を失った雨水は

どんよりと淀んでいるのだけど

不思議と子供達は水たまりに集う

 

お世辞にも綺麗とはいえない水に浮かぶ色とりどりの落ち葉の写真を撮っていたら

 

 

少年が2人不思議そうな顔で

 

何撮ってるの?と不意に言うもんだから

 

え、落ち葉だよ。ほら、この落ち葉。と照れ臭くてぶっきらぼうになるおばさん

 

ふぅ〜〜〜ん…と少年たち。

f:id:nyokki2goochan:20161104230851j:image

 

何故か私は妙に恥ずかしくて居ても立っても居られなくなり

 

かい十(3歳)の後を追いかけて早足で歩き出すのだ

 

 

 

 

 

イチゴのイラストが描いてあるものを見せてきた少女が聞く

 

これなーんだ?

 

イチゴだ!イチゴ!と快心の答えを叫ぶ私に向かって

 

これはベリーだよぉ〜(*^o^*)

 

なんて言うもんだから

 

イチゴとベリーならベリーの勝ちだよなぁと妙に納得するのだ

 

 

 

 

少年よ、少女よ、

 

君たちの不意打ちの問いかけの威力は凄いな

 

これだから公園は楽しいのだよ。笑