たんたんと、たんたんと、

内弁慶の主婦が、坦々としたものごとを、淡々と写真とともにつづる。

熱いのを

遂に寒くなってきた

 

 

コーヒーが好きで

飽き性の割に、それだけはほぼ欠かさず飲む生活が続いている

 

 

しばらく楽をしていて夏は水出しコーヒー

 

更に手抜きをしだしてパック入りのコーヒーに頼っていたのだけど

 

 

もうだめだ、熱いのを欲する 季節がやってきた

 

 

 

 

お湯を沸かしている間に

 

ミルで豆を挽いていると

かい十(3歳)が近寄ってきてボタン押させろと言う

 

フィルターをセットして粉を セット

 カップに湯を張り温めておく

 

粉全体に湯を優しく静かに注いで一息置く

 

湯気とともに沸き立つ香りをそっと吸いこみ

 

更に丁寧に注ぎ続ける

 

モコモコとアクが湧き上がって来たらば

私は密かに心の中でガッツポーズをする

この瞬間が一番の快感である

 

かい十はポタポタと落ちるコーヒーを楽しそうに眺めている

 

f:id:nyokki2goochan:20161108211732j:image

 

久しぶりのドリップだけど

自己流の手順を、案外、体は覚えていた

 

自分で淹れるコーヒーは嬉しい美味しい

 

無心になれる時間だ