読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たんたんと、たんたんと、

内弁慶の主婦が、坦々としたものごとを、淡々と写真とともにつづる。

Re - 大好きな彼女

少し前に書いた、大好きな彼女。


改めて、自分が思っている以上に大切な人なのかもしれないと感じたり、色々と励まされたりして、彼女にメールをした。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


何か用がある時以外連絡しないからドキドキした。

予想外にとても素晴らしい近況を話してくれた。

今にして思えば、テレパシー飛ばして知らせてくれていた?とも思えるから不思議なものだ。

 

 

私と彼女は辛い時も悩める時も迷う時も

どうしたらいいかな?なんて相談し合うことはない。

 今のありのままの状況を話すか

事後報告で近況を聞くだけである。

 彼女がどれだけ悩んだのか涙を流したのか不安に思っているかなんて測り知ることはできない。



だからこそ彼女が沢山考えて悩み抜いた決断に寄り添いたいと思う。

 

 

彼女の苦悩があっての決断、幸せな報告

それを聞いてわたしは胸がいっぱいになった。

そして彼女もまた胸がいっぱいになっていた。

 こんな情熱的なやり取りは滅多にない。

 

 

私はあまり絵文字は使わないし

使ってもデフォルトの絵文字顔文字。

彼女は可愛い絵文字を使う。

しかしそれがほっこりする絵文字で

そういう所も良いなぁと思う。



人見知りのかい十(2歳)にしては珍しく

彼女にはご機嫌な態度を見せる。

可愛らしい女(ヒト)が好きなのだろうか、

彼女、かい十、私で手を繋いで散歩をした。

そういう所も良いなぁと思う。


 会わない間にライフスタイルは変わるが

私たちの時間の流れ方は変わらない気がする。

出逢って17年、彼女の微弱な引力に少しずつ惹かれていく。きっとこれから先も。

 



f:id:nyokki2goochan:20150818091615j:image

 

そして、彼女に連絡した直後、小さなベランダに黄色味の入ったオレンジのハイビスカスを迎えた。沖縄と、彼女と、ハイビスカスと、私。


買ってきたままの鉢では根が詰まっている、

今日こそ大きな鉢に植え替えしてあげたい。

寒さには弱いらしい、越冬できますように。