たんたんと、たんたんと、

内弁慶の主婦が、坦々としたものごとを、淡々と写真とともにつづる。

タンポポ、綿毛 ー影の写真ー

かい十(2歳)はタンポポの綿毛がお好き。
 
 
 
真ん丸くて
キラキラきらめいていてる
ふわっふわなやつ。
 
 
 
しかし、今年のタンポポは旬を過ぎたらしく、なかなか見かけなくなった。
 
 
 
ほんの数週間で姿を潜めたタンポポ
 
 
 
 
タンポポは潔い、
一瞬で花を咲かせ種を風に託すのだから。
 
 
 
 
そこにタンポポの覚悟を感じる。
 
 
 
 
人間は一般的には十月十日かけ、ゆっくりと覚悟を決め育んでいくのだから
 
 
 
 
タンポポの潔さには全く敵わない。
 
 
 
 
いつもと違う道を散歩していると
旬を過ぎたタンポポの綿毛を発見した。
 
 
 
 
かい十は嬉しそうにタンポポの綿毛をむしり取り、無造作に投げる。
 
 
 
 
投げられた綿毛はユラユラリ
風と地球の重力に身を任せ
音も立てずアスファルトの上に降り立つ。
 
 
 
 
 
ここでもタンポポは潔く、
静かに自分の生きる運命を受け止める。
 
 
 
彼らはあのふわふわの姿からは想像つかないほどに、強く儚く潔い。
 
 
 
 

f:id:nyokki2goochan:20150521012904j:image

 
f:id:nyokki2goochan:20150521012914j:image
 
f:id:nyokki2goochan:20150521012923j:image