読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たんたんと、たんたんと、

内弁慶の主婦が、坦々としたものごとを、淡々と写真とともにつづる。

小さなストーリーテラー

イルミネーションを見に行くが

お昼寝しなかったかい十(2歳)は

歩かないと言い張り

肩車して貰い、上から悠々と行きたい所を指図している


f:id:nyokki2goochan:20160105191922j:image


イルミネーションのトンネル

頭上の今にも手に届きそうな星を見たかい十は


f:id:nyokki2goochan:20160104232612j:image

ほしにぶらさがってみるぅ

と嬉しそうに言う

それって何となく星の王子様みたいじゃないか




2歳・3歳の子の、空想と現実が入り混じった会話たまらなく楽しい


意味わからないけど適当に質問すると
それなりにストーリーを作ってくるのが可愛い


自分を電車や皇帝ペンギンだと言い張ったり


バイキンマンアピタにお菓子食べに行ったとか(つまり自分の口の中は虫歯菌不在である)


ちんちんが道に落ちて車が通れないと言ったり


オナラが出る度にいちいち報告してくれるのだが
目やおへそや鼻や…あらゆる場所からオナラが出たねぇと言っては嬉しそうだったり


もはや大人の発想では到底ついていけない


今はこんなにも溢れているが
小さなストーリーテラーが導く空想は案外貴重なのかもしれない


数年後に空想を言えば鼻で笑われるのだろうか?


それもまた良いもんであるが


追伸

いつもお世話になっている皆様
遅れ馳せながら
今年もよろしくお願い致します(`_´)ゞ

そうそう、私の中ではかい十の話は自分の中の記録&戒め的な位置づけで書いていたのですが

思いがけず、皆さんにかい十の成長を見守って貰っているのを感じてホッコリしているのです

これって近所のおじちゃんおばちゃん(失礼?!)みたいな感じがして

ちょっと嬉しくなりました

多分これからもあいつのマイペースな話題が飛び交うかと思いますが

どうぞ生暖かい目で見守って頂けたらこれまた嬉しい限りです

thank you!!!